SNSとアプリを使ったフリーランス美容師の集客方法【シェアサロン・面貸し】

シェアサロンや面貸しサロンは施術スペースは貸し出すサービスなので、集客はもちろん自分で行う必要があります。

つまり、自分で集客する力が無ければ収入UPは見込めません。

逆に言えば、集客さえできれば確実に収入UPにつながるのです。

そして今の時代はインターネット、特にSNSの普及により、フリーランス美容師(サロンに所属しないフリーのスタイリスト)が集客がしやすい環境が整っています

本記事ではシェアサロンや面貸しサロンで働く際の集客方法についてまとめてあるので、ぜひ参考にしてみてください!

 

フリーランス美容師の集客の基本

フリーランス美容師が自分で集客する方法は主に2つあります。

  1. SNS(特にInstagram)を利用
  2. minimoなどのアプリを利用

この2つの方法を上手く使うことで確実に集客することができます。

 インスタグラムを使った集客

インスタグラムの人気はいまだ絶頂で利用者が多いですが、その分多くの美容師が集客のために利用しているのでライバルも多いです。

そのためインスタグラムで集客する際は、他の美容師の投稿と差をつける必要があります

具体的には、『何かに特化した投稿』をすることで、他の美容師と差をつけることができます。

下の写真はある有名美容師さんの投稿です。

この方は『カラーに特化した投稿』をして集客に成功しています。

他にも、『メンズカットに特化した投稿』『縮毛矯正に特化した投稿』『パーマに特化した投稿』などで集客する方法もあります。

そして、インスタグラムで集客する際に大事な事はもう一つあります。

それは、すべての投稿に『ハッシュタグ』と『サロンの場所』と『予約システムのURL』を記載する事です。

ハッシュタグ

投稿の一番下に投稿画像に関するキーワードを羅列するようにしましょう。

例えば、先ほど紹介した『カラーに特化した投稿』をしている美容師さんの場合、以下のようにハッシュタグをつけていました。

#カラー#ブリーチカラー#メンズカラー#人気カラー#人気ヘア#ヘアカタログ#メンズカット#王道ショートマッシュ#束感

このように投稿に関するキーワードをハッシュタグで羅列する事で、その投稿をより多くの人に見てもらえる可能性が高まります。

サロンの場所と予約システムのURL

いくら自分の投稿を気に入ってもらえたとしても、サロンの場所と予約システムのURLがわからなければ、そのサロンに行こうとは思いません。
なので必ずサロンの場所と予約システムのURLを記載するようにしましょう。

例)渋谷駅から徒歩3分 予約はこちらから➡︎https://〜

また、下の画像のようにインスタグラムの自己紹介スペースにも同様にサロンの場所と予約システムのURLを記載するとより効果的です。

 アプリを使った集客

集客のために使用するアプリは主にminimoLiMEです。

minimo

ミニモ(minimo)は、美容師、ネイリスト、アイデザイナー、エステティシャンなど施術スタッフ一人ひとりが簡単に集客・モデル探しができるアプリです。

ミニモ
このようにカットやカラーなどの料金やメニュー、作品の写真、サロンの基本情報など多くの情報を掲載できます
そしてminimoは初期費用・月額掲載費は一切かからず、お客様が来店した際のみ手数料がかかります。

手数料


・施術料金0円の場合➡︎ 0

・施術料金1〜2,000円の場合➡︎ 400(税抜)

・施術料金2,001円以上の場合➡︎ 600(税抜)

LiME

LiMEはPCやiPadなどのタブレット端末とスマートフォンを使い、サロン全体で予約/顧客情報(カルテ)/売上が管理できる基本料金無料のサービスです。
また、LiMEではプロフィールページの作成ができ、お客様のレビューが溜まる事により、ブランド認知や新規集客につなげることができます。

まとめ

フリーランス美容師として働く際は主にインスタグラムとminimoで集客をし、LiMEで予約やカルテ、売り上げなどを管理するという方法をオススメします。

フリーランス美容師は集客が命です。
集客さえできれば確実に収入UPにつながるので、ぜひ本記事で紹介した方法を参考に自分に合った集客方法を見つけてくださいね!